*

武甲山 二百名山 日帰り登山

■2016年3月5日(土)

埼玉の名峰「武甲山」。
標高がとりわけ高いわけじゃないんだけど存在感が大きい。
あの先になんかあるんじゃないかって思わせるよね。

今回の同行者はたわしさんです。

07:30 西武線池袋駅
特急レッドアロー号にて横瀬駅まで移動。
終点じゃないのでうっかり寝過ごさないようにしたい( ˘ω˘ ) スヤァ…

IMG_4198
08:47 横瀬駅
登山口となる一の鳥居へは駅から歩いて約2時間。
石灰工場の脇を歩く一般道の道のりなので、今回はスルーしたい。
と、いうわけでタクシーに乗って一の鳥居へ。

横瀬駅に併設されてる案内所で山バッチが買えるんだけど開いてなかった。
9時からだから、待てば買えるけど、、下山後でもいいやね。

ちなみに横瀬駅にはタクシー乗り場がないので事前予約がオススメ。
隣の西武秩父からくるので当日の到着前でも大丈夫かもしれない。
工場地帯を抜ける途中に猿が大量にいてビビる。
10匹以上いたかなー。写真撮ろうと降りたらあっという間に散らばった(・ω・)

IMG_4199
途中、延命水を汲む

IMG_4207
09:10 一の鳥居(520m)
タクシーの料金はだいたい2800円くらい。複数人でいけば負担も減る。
駐車場には車が沢山停まってるね。

IMG_4203
一丁目
武甲山へは◯丁目と石碑が建っていて、ゴールは五十二丁目となる。
こんなに要らんだろってくらい短い間隔で建ってる。

IMG_4209
09:25 登山口
最初は林道を歩く。
奥のほうには民家もあるので電柱が立ってる

IMG_4210
車もあったので住んでる方がいる模様。

IMG_4215
マス養殖場

IMG_4212
魚いねぇなぁって覗きこんだら

IMG_4213
全部マスだった(´ω`)

IMG_4217
十丁目

IMG_4218
持山寺跡分岐点

IMG_4221
道が細くなり傾斜もでてきた

IMG_4222
不動滝

IMG_4224
祠が新しくなってる気がする

IMG_4225
ここでも水が汲める。
顔を洗ってリフレッシュした

IMG_4229
二十丁目

IMG_4231
この辺からジグザクに登っていく

IMG_4236
歴史を感じる

IMG_4237
小さい祠
苔の付き方が素晴らしい

IMG_4238
三十丁目

IMG_4240
枯れ木にお地蔵様

IMG_4239
味のある顔をされとる

IMG_4243
大杉
山と高原地図に表示されてる大杉はちょっと位置がずれとる

IMG_4248
山道はとても歩きやすい。
表参道としてきちんと整備されてるのかなぁ?
地元の人っぽい軽装な人ともすれ違った。
毎日参拝してる人もいたりするんだろうな。

IMG_4249
四十丁目

IMG_4252
朝はグレーだった空が青くなってる

IMG_4253
ここの水は湧くことがあるんだろうか

IMG_4254
五十丁目
山頂まであと少し。
標高差800mあるのに歩いててそう感じないんだよね。

IMG_4255

IMG_4257
トイレ(冬季閉鎖)
4月下旬くらいから利用できるらしい

IMG_4258
武甲御嶽神社
山頂のすぐ手前に鎮座してる神社。
手水舎があるんだけど、ここに水が張られることってあるんだろうか。
神社裏にザックを置いて山頂に向かう

IMG_4259
五十二丁目

IMG_4260

ついて下さいと言わんばかりの木槌があるので一回だけ叩く。
…かなり響くのでご注意をw

IMG_4261
第二展望台

IMG_4262
狭いし柵が二重にあって写真も撮りにくいので第一展望台へ向かう

IMG_4265
11:35 武甲山山頂(1304m)
とうちゃ~く。
雪は一切なく、山頂手前がちょろっとだけドロ道になってる程度だった。
ここも登山はじめたばかりの人にオススメしたい山。
ネックとしては登山口までタクシー代が掛かるくらいかなぁ。
駅からハイキング気分で歩くには、ただの道路なんだよね。
工場のある景色が好き!って人なら歩いて行ってもいいかも。
ただ、大型車がバンバン通るんで注意したほうがいいですw

展望台は皆んな早々に移動するのか、すぐに誰もいなくなったね。

IMG_4263
雲が下に広がってて景色がボケてまう

DSC_0559
雪歩もパチリ

IMG_4266
摂社

IMG_4267
立派な休憩所で昼飯
登山者が20人くらいいたけど休憩所使ったのは俺らとおっちゃんの3人だけだった。
まぁ今日は天気も良いし風もないから外で食べたいんでしょうな。

延命水でカップ麺を作って食べた。
寿命が延びたのか縮んだのかわからんな。

たわしさんはシャツが汗で濡れて寒いと言ってた。
あの人は山頂用と下山用の2枚シャツを用意したほうが良さそうね。

IMG_4268
12:20 下山開始
帰りは橋立鍾乳洞に行きたいので橋立コースを歩く

IMG_4269
陽が当たる良い道

IMG_4271
朽ちそうな退避所
登山の避難所ではなく、発破がある時に退避する施設
いまでも武甲山は爆破されてるんだね。

IMG_4270

IMG_4272
こっちは雪がちょろちょろ残ってた
雪よりも溶けた後のドロ道で足を取られて苦労する。

IMG_4274
こういう登山道好き

IMG_4275

IMG_4276
12:45 シラジクボ分岐点
小持山へのバリエーションルートに行ける
水場があるようだけど、去年の2月は涸れてたね。

IMG_4280
尾根道を歩く

IMG_4281
ここからつづら折りの坂道が続く
まっすぐ歩くと採石場なので危険が危ない。

IMG_4282

IMG_4284
モグラかな?

IMG_4285
表参道と比べると整備されてない道
歩くには申し分ない

IMG_4287
下から川の流れる音が聞こえてくる。
見えるけど、つづら折りで近づかないジレンマ

IMG_4288
13:20 長者屋敷登山口
橋立川へと合流

DSC_0565
水が綺麗なので顔を洗ってさっぱりした。

IMG_4291
川を渡る。
橋の土台があるけど、これは完成する予定があるんだろうか。

IMG_4292
ここからは林道が続く。
先週歩いた鍋割山と同じく、ここからが長い。

IMG_4293
橋立神社

IMG_4296
橋立鍾乳洞付近の茶屋
ここで武甲山の山バッチを購入。
かき氷がすげぇ美味かった少年時代の記憶が蘇る。
中学時代はよくキャンプにきたんだよねぇ。

IMG_4298
橋立堂

IMG_4297
14:10 JURIN’s GEO
下山完了。
武甲山にきたらここのアイスを食べなければならない。

DSC_0571
30種類の中からバニラとサクラをチョイス。
コーヒーは10種類以上あって何頼んだか忘れた。
こんなところにこんなシャレオツな店があるのが不思議。

一の鳥居から橋立鍾乳洞まで5時間くらいの登山行。
軽く運動して下山後にスイーツを楽しみたい時に登りたい山っすね。
次は夏に登ってかき氷を食べたい。

DSC_0572
■星音の湯
入浴料:930円
タオルセットに入館着付き
檜露天風呂と岩風呂が週代りで男女入替え
今回は岩風呂だった。広めでゆったりできる。

ネックとしては遠いことかなー。
皆野駅から送迎バスで15分で、バスも1時間に1本なので注意が必要。
行きは16:30が最終なので登山に組み込み際には時間を余裕持たないとダメっすな。
帰りは19:10までなので夜飯食べる時間はあると思う。

DSC_0573
わらじ丼

.
3月5日(土)晴れ

武甲山201603

場所予定時刻実際時刻
一の鳥居09:2509:25
持山寺跡分岐点09:40
不動滝09:55
大杉10:35
武甲山山頂11:4511:35
☆昼飯休憩
武甲山山頂12:3512:20
長者屋敷の頭13:1512:45
長者屋敷登山口14:0513:20
橋立鍾乳洞14:5514:10

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑