*

大雪山 百名山 テント2泊3日縦走登山 前編

公開日: : 最終更新日:2015/10/01 北海道, 温泉, 登山 , , , ,

■2015年9月19日(土)~9月22日(火)

百名山の一つ、大雪山。
一つの山を指すものではなく二十以上の火山群をまとめて称したもの。
大雪山系とも呼ばれ、大雪山国立公園の面積は神奈川県と同等。

そんな広大な山を登ろうっつーことで夏前から計画してた大雪山縦走登山。
予定だとネロさんと行くはずだったけど、仕事の都合によりソロで行きました。

新しいザック担いで2泊3日のテント泊。
今年のメインイベントになりまする。

IMG_9443
7月19日(土)
07:00 羽田空港
旭川行きの飛行機を取り損ねたためまずは千歳空港へ向かう。
千歳空港から札幌駅に移動し、モンベルのガスを購入して旭川へ。

IMG_9444
13:00 札幌駅
ガスを購入してスーパーカムイで移動。
5両編成で1両だけ指定席がある。
指定席車両には荷物置き場もあるのでザックをそこに置けば快適な旅となる。
旭川駅までは一時間半ほど掛かるので( ˘ω˘ ) スヤァ…

14:30 旭川駅
ここからさらにバスで移動。
コンビニで食料を調達して10番乗り場にて待機。
15時半出発の旭岳行き「いで湯号」はトランクありでゆったり座れた。

IMG_9456
16:55 旭岳温泉入口バス停
本日泊まる「グランドホテル大雪」に到着。
移動だけで10時間以上掛かって既にお疲れモード(´・ω・`)
部屋は2人から1人になったので相部屋プランに変更。

IMG_9451
明日登る大雪山が見える

IMG_9453
最大6人が泊まる部屋を今日は3人が泊まる。
相部屋になった方々も大雪山を登るそうでみんな静かに( ˘ω˘ ) スヤァ…

IMG_9455
7月20日(日)
06:20 グランドホテル大雪
あいにくの雨模様の中、レインウェアを着込んで出発。
ロープウェイまでは15分くらい車道を歩く事になる。

IMG_9457
06:35 旭岳ロープウェイ
片道券(1,650円)を購入してロープウェイに乗り込む。

IMG_9459
07:10 姿見駅
スタート地点に到着。
雨のせいか登山者・観光客は少なめに見えたね。
白雲岳避難小屋までトイレがないのでしっかり済ませておく。
トイレ後は軽く準備運動してヴァームを飲んで出発。

IMG_9460
姿見池あたりまでは観光客向けのコースが整備されてて歩きやすい。
紅葉もピークで景色を楽しみながら歩く。

IMG_9464
07:30 姿見池
池越えに旭岳を望むのがビューポイントなんだけど、雨で山容は見えず。
そのまま進んで山頂を目指す。
IMG_9462
大雪の鐘
遭難でなくなった一行を偲ぶために建てられた。

IMG_9465
ここからは本格的な登山道。
石がゴロゴロしてて歩きにくい。

IMG_9471
地獄谷からは噴煙が(´ω`)
旭岳は現在も噴気活動が続いる。それが麓の温泉として恩恵を受けてる感じっすね。
昨日入った温泉はクセがなくそれでいて芯から温まって快眠だった。

IMG_9476
旭岳山頂までは砂利道っぽいところを登っていくだけで特に難しい所はないかな。
標高2000m級でありながら姿見の池あたりで森林限界になってて景色は開けてる。
雨じゃなかったら地獄谷に圧倒されながら周りの景色を堪能して登れたんだろうねぇ。

IMG_9485
09:45 旭岳山頂(2291m)
大雪山系最高峰の旭岳に到着。
ガスっちゃって景色は全く見えず。
風も強いので行動食を食べてすぐ移動開始。

IMG_9489
旭岳から間宮岳へのルートは結構な斜度の坂道。
赤土でズルっといっちゃいそうで慎重に下りていく。

IMG_9494
200mくらい下りると平地が広がり歩きやすい道がでてくる。
ガスっちゃってよくわからんけど広々としてる。
キャンプ指定地もあり、泊まって夜の旭岳を撮影するのもアリかな。
トイレがないのがちょっとネックだけど。
泊まる場合は携帯トイレを持参してテント内でする必要がありそう。

IMG_9502
一旦下ったあとはまた上る

IMG_9503
11:10 間宮岳分岐点
北海岳を目指して歩いていると雨が止んで晴れ間も出てきた。

IMG_9514
御鉢平の広さに感動しながらルンルンで歩く。

IMG_9531
山の上の道とは思えない広大さ(´ω`)
奥のほうには北海岳山頂も見える。
あそこからの展望はどんなもんかなーと期待しながら進んでいく。

IMG_9535
…おや(´・ω・`)

IMG_9536
12:00 北海岳山頂(2149m)
景色見えんがな(´・ω・`)
山頂に着いたら旭岳同様にガス&風の強さで居てらんない。
記念撮影をしてさっさと次に向かう。

IMG_9541
束の間の晴だったようでこの先はずっとガスってた。
視界が悪いと広大さも景色もなくなって退屈な歩きになっちゃうねぇ。
道ははっきりしてるから迷うことはないけど似たような道をずっと歩くのは辛いね。
IMG_9544
真っ赤っ赤

IMG_9548
白雲岳分岐が近づいてくると岩がゴロゴロした道になる。
歩きにくいけどこっちの方が楽しいかもしれん。

IMG_9555
13:30 白雲岳分岐点
ここから避難小屋まではタイムコースで20分。
白雲岳はルート上になくピストンする形で上る事になる。
今日は登っても展望よくないだろうからスルーして避難小屋に向かう。

IMG_9557
ハイマツ帯を歩く

IMG_9558
避難小屋が見えてくる
右側にはテント場があるね。見た感じ今日の宿泊者は多くなさそう。

IMG_9559
水場
北海道はキタキツネがいるので煮沸する必要あり。
そのまま飲むとエコノキックスに寄生される危険があるので注意☆(ゝω・)v

IMG_9560
14:10 白雲岳避難小屋
二階建てでシーズン中は管理人が常駐する。
素泊まり1000円、テント300円なのでテント2泊分の600円を支払う
中は結構な人がいて登山靴がいっぱい並んでた。1つの布団で何人寝るのやら…。

IMG_9561
テント場
真ん中にある石が利用可能で他からは取ってきちゃダメとの事。
黒いベンチがあるあたりは雨の時は水没するので張らないほうがいいとも言われた。
確かに左側のベント部分は水が溜まってますな。
右側は大丈夫そうな気がするけど距離をおいて設営開始。

IMG_9562
風が強くて設営できねぇ(乂’ω’)
四苦八苦してたら近くのテントからお兄さんが出てきて手伝ってくれた。
ついでに風に強いペグの打ち方も教えて貰う。
ありがとう(´ω`)

テント泊は移動時に重さがネックとなるけど快適なので推したい。
寝るスペースの確保ができるのと荷物散らかしても気にならんのが良い。

設営後はデレステ(音ゲー)をやりながらダラダラする計画だったんだけど
ここら辺はauもdocomoも電波繋がらず何もやることがない。
昼飯兼夜飯としてカップ麺におにぎりを2個食って( ˘ω˘ ) スヤァ…



( ゚д゚)ハッ!
外から風の音がまったくしない。

IMG_9573
スターライトステージ
雲がすっかりなくなってて空には満天の星空が。
IMG_9567
そういや他のテントからは誰も出てこなかったな。
俺が寝てる間にみんな堪能したんかしら。
明日の登山の期待が大きくなってウキウキで( ˘ω˘ ) スヤァ…


■1日目(雨一時曇り)

場所予定時刻実際時刻
姿見駅07:1007:10
旭岳石室07:3007:30
七合目08:25
八合目09:00
九合目09:25
旭岳山頂10:0009:45
間宮岳分岐11:0011:10
北海岳山頂11:5012:00
白雲岳分岐13:1013:30
水場14:05
白雲岳避難小屋13:3014:10

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑