*

常念岳 百名山 雪山 山荘1泊2日

GW前半に常念岳を登ってきました。
常念小屋が開く4月29日を狙ってのスケジュールです。

今回はソロで登りました。


DSC_0905
4月28日(金) 23:54
JR新宿駅ムーンライト信州号
夜行バスが取れなかったので夜行電車での移動。
メリットとしては安い。快速扱いなので乗車券に520円追加で乗れる。

デメリットは暗くならない。消灯どころか減灯もなし。
アイマスクと耳栓があるといいかも。

俺の乗ってた車両の乗車率は70%くらいだったかな?
松本でだいぶ降りてった。

DSC_0909
4月29日(土) 04:53
穂高駅
20人くらいが降りたかなー?
駅前にはタクシーが並んでて、各々乗車して移動していった。

事前に予約をしていたのでタクシーに乗り込む。
途中でセブンイレブンに寄って貰った。
その後でホテルアンビエント安曇野に寄って、使わない荷物を預かって貰う。
※4月30日に宿泊予約している。

IMG_4600
05:35 一ノ沢登山口
10人くらい登山者がいたかな?
朝飯を食べたりトイレを済ませたりと割とダラダラする。
安全指導員?みたいな方がお茶を振る舞ってくれる。

IMG_4596
トイレは水洗で外には沢の水が流れる水道もある。
直飲みは止めた方が良さそう。

IMG_4599
06:10 登山スタート
最初の方は夏道がでてるのでそこを歩く。
雪解けの沢があちこちにでてきてるのが夏との違いかな。
小雨が降ってるので上着をレインウェアに替える。

IMG_4606

IMG_4607
山ノ神
登山の無事と挨拶を済ます。

IMG_4615
古池
IMG_4617
IMG_4623
道を間違えたっぽくて歩きにくい

IMG_4625
IMG_4629
水が冷たそう

IMG_4637
07:40 王滝ベンチ
増水してて道が沈んどる

IMG_4639
常念岳が見えてきた

IMG_4647
ところどころ荒れてる

IMG_4657
08:45 エボシ沢
去年の夏に涸れてた沢も潤ってる

IMG_4660
雪がでてくる

IMG_4665
水流の勢いが結構あるので滑らないよう注意

IMG_4668
09:45 笠原沢
ここからは本格的に雪道になる。
アイゼンはもうちょい先まで要らないかなー?

IMG_4693
雨も止み、晴れてきて期待がもてる

IMG_4702
夏道が崩壊してる

IMG_4709
雪の下は沢になってるので注意してフラッグの近くを進む。
ほぼ1本道なので迷うことはないと思う。

IMG_4708
最終水場あたり。
ここでアイゼンを付ける人が多かった。

IMG_4706
雪質はザラザラしてて踏み固めやすい。
アイゼンなくても登れるのでそのまま進む。

IMG_4716
太陽サンサンで暑く、風が吹くと寒い。
ゴールが見えてきたものの、ここら辺から傾斜がきつくてアイゼン付ければ良かったと思う。

IMG_4723
振り返ると穂高の町並みが見える。

IMG_4728
トラバース地帯
最終水場から先は傾斜がキツメでアイゼンがあった方が断然いいね。
登りきるとトラバース地帯がでてきて、そこを抜ければ常念小屋へと行ける。

IMG_4732
雪の壁が厚いな

IMG_4733
13:30 常念乗越
本日のゴール。
余裕があれば常念岳山頂まで行こうかと思ってたけど、
疲れたので今日はここまで。

IMG_4740
山頂はすぐそこなんだけどねー(・3・)

一ノ沢ルートはエボシ沢まではほぼ夏山でした。
何箇所かわかりづらくて獣道みたいなのを歩いちゃったけど、
リカバリーはしやすいんであまり気にならないかな。
エボシより先は雪道になるのでアイゼンの準備を。
ピッケルよりはストックの方が歩きやすそう。
最後の傾斜は結構くるので、最終水場あたりで小休止するといいかも。

IMG_4743
常念小屋トンネルをくぐってチェックイン。
本日の宿泊者は50人くらいかな?
テントは10張り以上はいたと思われる。

部屋は5人部屋を3人で。
1人は燕岳を目指し、もう1人は夜明け前に常念岳を登って、そのまま下山するとか。
静かな方々でゆっくり寝れた( ˘ω˘ ) スヤァ…

IMG_4748
テラスからは槍ヶ岳が見える
丁度雲が掛かってて槍が見えないのが残念(‘ω’`)

DSC_0977
昼飯

DSC_0978
夜飯

トイレは男女別で結構綺麗なボットン式。
座椅子が奥側を向いてて、開けてすぐ目の前にあるのでビックリする。
二重扉で男子トイレ手前に洗面所があるので、女性がいても間違いではない(‘ω’)

4月30日(日)

DSC_0979
朝飯

DSC_0981
モルゲンロート。
…朝焼けでよくね?雲もなく槍の先端までバッチリ見えた。

IMG_4759
06:15 登山スタート
常念岳を登り、一ノ沢へ下りる予定。
麓にあるホテルに泊まるので、ゆっくり進むつもり。

DSC_0983
テント場はこんな感じ。
奥にはもっと広い広場もある。

IMG_4762
さようなら常念小屋

IMG_4765
振り返ってパチリ

IMG_4768
槍ヶ岳を眺めながらの登山は気持ち良い(´ω`)

IMG_4770
最初のピークまでは雪があまりないのでアイゼン付けずに進む。

IMG_4784

IMG_4790
ピークを越えると雪がでてくる。
…が、アイゼンはなくても大丈夫そうなのでそのまま進む。
トレースが残ってるんで歩きやすかった。

IMG_4793
IMG_4797
07:45 常念岳山頂(2857m)
今年の北アルプス三座目。
雲が少なく360度のパノラマが広がってる。
山頂には15人くらいいたかなー?ダラダラと過ごしたので最後には1人だけになった。

IMG_4801
蝶ヶ岳方面
常念小屋の人が言うには、この時期の蝶ヶ岳を歩くルートはオススメできないらしい。

IMG_4804
穂高連峰方面

IMG_4805
槍ヶ岳・双六岳方面

IMG_4807
大天井岳・燕岳方面

IMG_4809
前常念岳・穂高の町並み

IMG_4812
焼岳・乗鞍岳方面

IMG_4816
槍ヶ岳アップ

DSC_1008
ゆきぽ~

IMG_4843
09:10 下山開始
1時間半も山頂にいたのか。
風はあまりなく、寒さも感じなかったんで長居できたんだろうねぇ。

IMG_4854
10:15 常念乗越
外来・テン泊者用のトイレを借りて下山準備を済ます。
イベント会場に置かれるボットン式の仮設トイレみたいなのがテント場の奥に設置されてる。
写真はテン場の広い方。段々になってて沢山テントが張れそう。

IMG_4858
下りはアイゼンないと怖いので装着。
折角なのでピッケルも使おう。

IMG_4860
ドンドン登ってくるのでトレースはあまり使わず避けて下りた。

IMG_4882
11:40 笠原沢
雪はここで終わり。
アイゼンや顔を洗い、小休止を取ってから登山口を目指す。

IMG_4887
IMG_4889
IMG_4905
古池にて岩魚を発見

IMG_4906
13:45 山ノ神
下山の無事をお礼をする。

IMG_4907
14:00 一ノ沢登山口
下山完了。
ここからホテルまでが長いのでトイレと休憩をしてから進む。
すれ違う車がこの人なんで歩いてるの、みたいな反応するけど気にしない。
声を掛けて下さった方がいたけど、途中のホテルまでなんで大丈夫ですーと断った。

…断らなきゃよかったかなーと、割とすぐに後悔する(‘ω’`)
ちなみにその車の方も同じホテルが目的地だったようで、ホテルの前でばったりと会う。

DSC_1031
15:30頃にホテルに着いたので、だいたい1時間半掛かるのかな。
これなら素直にタクシー呼んでも良かった気がする。

DSC_1032
チェックインして温泉に入り、飯を堪能して( ˘ω˘ ) スヤァ…

IMG_4798

IMG_4821 IMG_4822
IMG_4824 IMG_4837
IMG_4838
IMG_4842         IMG_4874              DSC_1037

2016年4月29日(土)小雨のち晴れ
常念岳20160429

場所予定時刻実際時刻
一ノ沢登山口06:1006:10
山ノ神06:30
古池06:45
王滝ベンチ07:2507:40
エボシ沢08:45
笠原沢09:45
胸突八丁09:25
最終水場09:55
常念小屋10:4513:30

2016年4月30日(日)晴れ

場所予定時刻実際時刻
常念小屋06:1506:15
常念岳山頂07:1507:45
☆休憩
常念岳山頂08:4509:10
常念乗越(常念小屋)09:3010:15
最終水場10:10
胸突八丁10:30
笠原沢11:40
エボシ沢12:40
王滝ベンチ11:5013:00
古池13:35
山ノ神13:45
一ノ沢登山口12:4014:00
ホテルアビエント安曇野14:1015:30

GPS時計の不調でGPSデータなし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑