*

唐松岳 雪山 ヤマノススメ 三百名山 前泊登山

IMG_1398

■2016年3月19日(土)~3月20日(日)
ヤマノススメ登山シリーズの第12弾目。
初心者向け雪山の「唐松岳」に登ってきました。
原作だと途中で引き返してるけど、登頂目指して頑張る。
あおい達と同じく八方池山荘に前泊する。

今回はソロ登山となりまする。


DSC_0602
3月19日(土) 07:30 JR新宿駅
あずさ3号(南小谷行)に乗車。
これに乗れると白馬まで乗り換えなしで行けるので便利。
4時間ほど掛かるので白馬駅まで( ˘ω˘ ) スヤァ…
IMG_1247
11:29 白馬駅
駅前の喫茶店兼食事処で昼飯を食べる。

IMG_1250
12:55 白馬八方尾根スキー場
白馬駅から歩いて40分程度で到着。
途中にはローソンや各アウトドアショップがあるので忘れ物があれば買えて便利。
ゴンドラ・リフトは往復券で2900円。3日間有効なのでこちらを購入。
ザックが15kg以上の場合は別料金が発生する。

IMG_1259
ゴンドラからリフトに乗り換え

IMG_1271
13:30 八方池山荘
本日の宿。
リフトの目の前ですぐに到着できる。
チェックインして部屋の案内を受けた。

DSC_0608
5人部屋(203号室)
他にも大部屋や二段式になってる部屋があった。
今日は宿泊者が少ないようで自分の部屋にはもう1人だけ。
ゆっくり寝れそう( ˘ω˘ )

トイレは暖房付きの水洗トイレ。
紙も流せるので山小屋感が薄いな。

IMG_1288
夕食まで時間があるので散策する。

IMG_1316
五竜岳方面

IMG_1317
白馬三山方面

IMG_1353
白馬三山をバックにパチリ。
今回の萩原雪歩さんの出番はこれにておしまい。

雲が早い勢いで流れていった。
明日は天気が回復しそうで楽しみだ。

DSC_0605
宿泊者は200円でコーヒーが飲める。

DSC_0607
ヤマノススメが置いてないよ!

IMG_7499
夕食はバイキング形式。

IMG_7500
全種類乗せたらご飯があまり食べれないねw

IMG_1364
3月20日(日)
06:00 八方池山荘(1830m)
小屋での朝食は6時か7時からとなるので前日に弁当を受け取った。
日の出に合わせて出発する。

DSC_0609
ちなみに弁当はこんな感じ。
夕飯にはなかったオカズもあってボリューミー。
お湯も貰えるので山専ボトルに詰めていく。

IMG_1388
雲もほとんどなくなったな

IMG_1387
白馬三山がほんのりと朝陽に染まる

IMG_1386
雲海が広がってるね~

IMG_1395
おはよー ヽ(‘ω’)ノ

IMG_1398
何度も振り返りたくなる眺め

IMG_1400
五竜岳の方向は雲があるな。

IMG_1403
06:25 石神井ケルン(1974m)
八方池山荘から丸山まではこうしたケルンが沢山あって一つの目安になる。

IMG_1406
広い尾根を歩くのがとても気持ち良い。
夏だと決められたコース以外は歩けないので、観光客も多いから少し窮屈なんだよね。

IMG_1410
トイレ
冬季は閉鎖してる

IMG_1417
第二ケルン

IMG_1422
八方ケルン

IMG_1428
八方池がある辺り。
雪に埋もれててわからん。

IMG_1431
第三ケルン
去年登った時は修復中だったな。

IMG_1434
ここからの尾根歩きがとても気持ち良かった
雪は表面パリパリ中はシャキシャキでワカンは不要。
傾斜がややキツイ部分あるのでアイゼンは必要。

IMG_1449
ここから樹林帯…といえるほど木はないか。

IMG_1453
テント張って泊まるの楽しそうだなぁ

IMG_1472
遠見尾根

IMG_1466
雲上の散歩道って感じする

IMG_1482
ここの傾斜が一番きつかったかなー。
ピッケルの出番(´ω`)

IMG_1485
丸山山頂が見えてきた
風が強くなりだして一歩づつ一歩づつ上る。
途中で先行してたはずの2人組とすれ違う。
風がキツイからと撤退してきた模様。
話には聞いてたけど、本当にそこまでの風が吹くのか…

山頂の手前ではグループで登ってた人らも撤退してきた。
不安になるぞ(‘ω’`)

IMG_1489
08:45 丸山ケルン
ひとまずの目標地点に到達。
ザックを下ろして小休止。

IMG_1493
撤退していくパーティー。
先行者がいなくなってしまった。

DSC_0632
ゆきぽ~
雪歩だと飛ばされかねないので今回はゆきぽが同行。
大きいので画面に映えるし撮りやすくていいな。

IMG_1508
唐松岳を目指す。
先行者が言うとおり風が強くてなかなか大変。
唐松岳あたりにある雲も不安を煽ってくれるなぁ。
ただ、歩けないとは思えないので行けるところまでは行きたい。

バラクラバを着けてても頬が寒さでかじかんでくる。
ここまでは凍らなかったペットボトルが凍りはじめる。

IMG_1513
振り返ったら後ろに登山者がいた。
ちょっと安心。

IMG_1518
抜いて貰って後ろからついていく作戦をとる。

IMG_1519
ガスがでてきて視界が悪い

IMG_1521
山荘手前の岩稜帯はやせ尾根になってるので風に注意して歩く

IMG_1525
最後のトラバース部分はより慎重に歩く

IMG_1529
雪庇がすごい

IMG_1533
山頂までの道はそこまで危険なところはないね。
ガスってるので雪庇に行かないようにだけ注意したい。
IMG_1540
11:00 唐松岳山頂(2696m)
ガスってて何も見えん。
途中までの天気の良さが嘘のようだわw
ゆきぽの記念撮影してたら他の登山者の人もカワイイ~と撮影してた。
そうでしょうそうでしょう( ◜◡◝ )

DSC_0643
ここでもパチリ

山荘に向けて下山を開始しようとして道を間違えた。
他の登山者もついてきちゃって、その連れが違う違うと声かけて事なきを得る。
南東に下りるところを南に下りようとしたみたいだ。危ない危ない(‘ω’`)

IMG_1542
海老の尻尾

IMG_1549
11:35 唐松岳頂上山荘
風が防げそうなところを探す。

IMG_1552
天然の壁みたくなってたのでここでチョコを頂く。
一応ガスも持ってきてるけど、寒いので早めに移動したい。

IMG_1564
12:00 出発
小屋の間に休憩するの良さそうだな。

IMG_1571
山荘手前からは雲が全然ないな
続々と上ってきてる人たちがいてすれ違いがちょい大変。

IMG_1574
晴れてるとちょっと怖いね

IMG_1585
ピーカンで暑い。
バラクラバ外して歩いたらあとで日焼けがひどいことに。
日焼け止め忘れちゃったんだよねw

IMG_1606
八方ケルンまで下りてきた
山荘までもう少し

IMG_1609
ここにテント張るのか…(‘ω’ )
白馬三山を目の前に泊まるのもいいなぁ。
しっかり壁を作らないと飛ばされそうだけどw

IMG_1611
トイレまで戻ると雲が濃くなってくる

IMG_1612
ホワイトアウト
ほんとにコロコロ天候が変わるな

IMG_1615
14:50 八方池山荘
山荘でコーヒー飲もうとしたけど営業終わってた。
雪も降ってきたのでさくっと麓に下りる。

IMG_1619
リフトって上りより下りの方が不安定感あって怖い。

リフトとゴンドラを乗り継いで無事下山。
八方池山荘から丸山まではピッケルなしで快適に歩けた。
白馬三山を右に見ながらの登山はとても気持ち良い。

丸山から先は尾根上の風が強くて少し大変。
たまに防風姿勢を取りつつ前に進むのは、雪山歩いてるなぁって感じした。
2554m地点から先の痩せ尾根部分が一番険しいっすなぁ。
うっかり飛ばされたらコロコロ転がっていきそう。

寒さも丸山あたりから変わった気がする。
丸山まではペットボトル凍らなかったのに気づいたら凍ってたし。
山頂での景色が拝めなかったのは残念だ。
ここぞの山ではいつも景色が悪い気がする。
リベンジリストに新たな1ページが刻まれる。

■八方の湯
入浴料:800円
レンタルタオルセット:300円
八方バスターミナルのすぐ目の前にある日帰り温泉
湯加減は俺に丁度よいんだけど、塩素の匂いがちょい気になる。

IMG_1373IMG_1405
IMG_1415
IMG_1425
IMG_1438IMG_1450
IMG_1457
IMG_1446IMG_1452
IMG_1479
IMG_1483
IMG_1505
IMG_1510
IMG_1547IMG_1581

IMG_1561IMG_1579
IMG_1580
IMG_1591IMG_1500
IMG_1600
IMG_1499 IMG_1504

3月20日(日)晴れところにより雪

場所予定時刻実際時刻
八方池山荘06:0006:00
石神井ケルン(八方山ケルン)06:25
第二ケルン06:40
八方ケルン06:45
第三ケルン07:0007:00
丸山ケルン08:45
唐松岳山頂09:5011:00
唐松岳頂上山荘10:0511:35
☆小休止
唐松岳頂上山荘10:3012:00
丸山ケルン13:10
第三ケルン12:30
八方池山荘13:3014:50

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑