*

瑞牆山・金峰山 ヤマノススメ 百名山 山荘1泊登山 2日目

公開日: : 最終更新日:2016/01/25 山梨県, 温泉, 登山, 都道府県, 長野県 , , ,

IMG_3784

■2016年1月16日(土)~1月17日(日)

瑞牆山・金峰山登山の2日目。
昨夜は早めに寝れたので朝5時起きも余裕だった。
なによりストーブがつけっぱなしなのが嬉しいね。

そんなわけで本日は金峰山に登ります。


DSC_0247
1月17日(日)
朝食はうどん。
昨日食べ過ぎたんで軽めで嬉しい~と思ったものの
よく見たら餅が2個入っててなかなかヘビィだった(‘ω’`)
IMG_3785
06:30 富士見平小屋出発
小屋とトイレの間にある登山口を歩く

IMG_3791
IMG_3794
2000m付近までキツめの坂道が続く

IMG_3795
鷹見岩分岐点
ここからしばらく平らな道になるので息を整える

IMG_3798
途中で大学生くらいの4人グループに抜かれる。
瑞牆山の時に先行してたグループかな?かなり早いスピードで上っていった。

IMG_3799
07:20 大日小屋
ちょっと下らなきゃ行けないので、立ち寄らずにスルー。

IMG_3802
鎖場もあるけど斜度はそんなにないかな

IMG_3808
振り返ると南アルプス

IMG_3810
大日岩の直下にも鎖場がある

IMG_3812
08:00 大日岩
雪が全くないので順調にたどり着く。
大弛峠からの下山時には辛かった覚えのある道のりも、
今日は全然辛くなく軽快に歩けたなぁ。

IMG_3813
南アルプスの奥にあるのが北アルプスかな

IMG_3823
ダイヤモンド金峰山

IMG_3829
絵の具で塗りたくったような青さ

IMG_3831
開けた大日岩から樹林帯へと入ると所々で雪が凍結してる箇所がある

IMG_3839
アイゼンまでは必要ない感じ

IMG_3840
急な坂を上れば砂払ノ頭までもうすぐ

IMG_3843
09:15 砂払ノ頭
この先は稜線歩きになるので休憩するならここがいい。

IMG_3857
IMG_3844
雲の塩梅が素晴らしくて絵になりますな

IMG_3860
金峰山の山頂まではあと1時間くらい
IMG_3861
IMG_3867
鎖場と岩を越えていく

IMG_3863
雲海に浮かぶ富士山

IMG_3871
ひこうき雲がまるで金峰山から発射されたかのように見える
IMG_3891
稜線を振り返る

IMG_3874
雪が逆だってて砂糖菓子のよう

IMG_3881
09:50 金峰山小屋分岐
小屋は帰りに寄るのでここは金峰山に直行する
IMG_3897
金峰山小屋が見える

IMG_3882
この辺りは雪がそれなりに残ってて滑る

IMG_3885
ハイマツ帯のところは道になってる部分に雪が残ってるね
IMG_3893
五丈岩もだいぶ近くに
IMG_3902
10:25 金峰山山頂(2599m)
一ヶ月半振りの金峰山は絶景で迎え入れてくれた。

DSC_0289
雪歩も記念撮影

IMG_3928
南アルプス、北アルプス、木曽駒ヶ岳、八ヶ岳

IMG_3926
瑞牆山
IMG_3908
浅間山
IMG_3911
御嶽山
IMG_3904
瑞牆山とバックに八ヶ岳

IMG_3915
五丈岩と富士山
五丈岩って誰かが積み上げたのかってくらい見事なバランスで成り立ってるよね

IMG_3924
ひこうき雲いっぱいで空がストライプ柄になってる

IMG_3925
五丈岩は岩の頂上にも行けるけど、滑りそうなのでスルー


甲武信ヶ岳から金峰山に縦走した時はすごくキツかった金峰山のルート。
今日は荷物が軽いからかすごくサクサク上ってこれたと思う。
晴れてて景色を堪能できたのも良かったのかなぁ。
稜線上も風がまったくない穏やかな天候で、太陽でちょっと暑いくらいだった。

山頂に着いた時には丁度4人グループが下山開始して誰もいなかった。
金峰山の広々とした山頂を独り占めとは贅沢ですな。

IMG_3929
11:05 金峰山出発
帰りは南アルプスを眺めながらの下山
昼も近くなったからか上ってくる登山者が10人くらいいた。
稜線上は風が吹き始めてちょっと寒くなる。

IMG_3934
上りでは気にならなかった雪も、下りでは滑って危ないね

IMG_3936
11:25 金峰山小屋分岐
小屋でコーヒーを頂戴するつもりがうっかり稜線ルートを歩いてしまう。
ここから小屋に寄るのは時間が掛かるので、今回はスルーした。
頂上から近いし金峰山小屋で1泊するのもありだよね。

IMG_3937
雲がかかりはじめて天気が怪しくなる
IMG_3941
ここで滑ってころぶ(‘ω’`)

IMG_3943
稜線上は崖があるので注意

IMG_3946
砂払ノ頭でスニッカーズを食べる
山頂に長い時間いたけど撮影に夢中で何も食べてなかったw

IMG_3948
雪が残ってるところは慎重に

IMG_3951

IMG_3955
13:05 大日小屋
ここから先は凍結してる部分はないので気持ちも楽に歩ける

IMG_3959

IMG_3964
13:45 富士見平小屋
ひとまずの区切り。

IMG_3965
テントは全部撤収されてる

IMG_3966
小屋も閉まってた
小休止をして出発する。

IMG_3972
IMG_3974
14:35 瑞牆山荘
下山完了。
…とはいえ、バスはやってこないのでさらに増冨温泉を目指して歩く。
増冨温泉からの最終バスは17時なので、16時までに到着したい所。
これを逃すとタクシーを呼ばなきゃならないので必死に歩くw

IMG_3977
金山山荘から金峰山を望む

IMG_3983
川が凍ってる。
どんだけ寒くなるんだろうか(‘ω’;)

IMG_3990
恵比須の木
弁財天の木や翁の滝なんてのもあったので、もしかして七福神すべてあるのかな?

IMG_3992
15:55 増冨温泉
目的地に無事到着。
林道歩くだけなので面白味はなく、冬用登山靴は塗装路歩くと痛くなるんだよねぇ。。
登山じゃ起きないようなところが靴ずれしてもうた。
目標時間に到着できたので温泉に浸かって疲れを流す。

二回目の金峰山は天気に恵まれてすごく楽しかった。
上ったことある分、ルートもわかってるので気持ちも楽だね。
前回の時は最終バスの時間が気になりすぎて気持ちが山に向けてなかったんだなぁ。
登山道がキツいっていうイメージは完全に払拭された。
何度でも上りたい山の一つになりました(´ω`)

雪が積もった頃にまた登りたいなぁ

 

2016年1月17日(日)晴れのち曇り

金峰山201601

場所予定時刻実際時刻
富士見平小屋06:3006:30
鷹見岩分岐07:10
大日小屋07:3007:20
大日岩08:0008:00
砂払ノ頭09:15
金峰山小屋分岐09:50
金峰山山頂09:5010:25
☆昼食休憩
金峰山山頂10:3011:05
金峰山小屋分岐11:25
砂払ノ頭11:50
大日岩11:5012:37
大日小屋12:1013:05
鷹見岩分岐13:17
富士見平小屋12:5513:45
瑞牆山荘13:3514:25
金山山荘14:1014:50
みずがき山リーゼンヒュッテ15:15
増富温泉15:3515:55

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑