*

雲取山 鴨沢~奥多摩小屋~三峯神社縦走 百名山 テント1泊2日

IMG_3211
■2015年12月26日(土)~12月27日(日)

2015年の締めくくり。
どこの山に行こうかなと考えたところ、今年最初に登った「雲取山」がすぐに浮かんだ。
都内の山で近いし手軽に行ける良い山だよね。雲取山に決定(´ω`)

同行者はたわしさん。
テント担いでいざ雲取山へ。

IMG_3212
09:09 鴨沢バス停(550m)
奥多摩駅08:35発のバスに乗って鴨沢バス停に移動した。
本当はもう1本早い便に乗る予定だったけど、トラぶってスタートが遅れてしまった。
まぁコースタイム的には余裕があるので準備運動を軽くして出発する。

7時台のバスは全然乗客がいなかったけど、8時台のバスは満員御礼だった。
臨時便もでて結構な数の登山者がいたね。
ほとんどがここ鴨沢に下車したけど、実際歩くとバラけるんであまり気にならない。

IMG_3219
毛繕い(=´ω`=)

IMG_3220
09:30 出発
今回は荷物をスリム化させて15~17kgくらいに抑えれたと思う。
水を補給できるので最小限にして、食料も最低限にしたのが功を奏したかなぁ。
お陰で足取りはいつもより軽め。

IMG_3223
木漏れ日が気持ち良い

IMG_3224
09:55 村営登山者駐車場
林道にぶつかる。
近くにある祠に挨拶をして林道を少し歩く。
IMG_3225

IMG_3226
登山道入口
ここから本格的な登山道へ。

IMG_3229
基本的に鴨沢から七ツ石山までは一本道の緩やかな坂道を歩くだけ。
たまに傾斜のキツめなところもあるけれど、全体的には穏やか。

IMG_3227
1月に登った時はここら辺にも雪があったんだけど、今年は暖かいのか雪まるでなし。

IMG_3231
廃屋
中がどうなってるのか軽く興味あるなぁ
覗いてないけどねw

IMG_3233
登山道の途中にある祠にも挨拶。
綺麗な花瓶は誰かが花を供えにきてるのかな?

IMG_3239
水場
利用したことないな

IMG_3243
日にあたる場所で小休止。
止まると冷えるので時間は短め。

IMG_3246
七ツ石小屋分岐点
七ツ石山をスルーするルートは迷いやすいそうなので注意したいところ。
昼飯休憩を兼ねて七ツ石小屋に向かう。

IMG_3249
地味にきつい坂

IMG_3251
小屋が見えてきた

IMG_3252
12:45 七ツ石小屋
コースタイムよりやや早めに到着。
なお今回は縦走装備なので山と高原地図のコースタイムを20%増しにしてます。

IMG_3259
太陽さんさん(´ω`)

IMG_3260
富士山がボンヤリと見える。
手前にあるのは秀麗富嶽十二景の一つに上がる「雁ヶ腹摺山」。
IMG_3256
真ん中に「三頭山」。
木に隠れちゃってるけど左側には「大岳山」。
さらに左側には「御前山」と奥多摩三山が一望できる。

IMG_3261
13:20 出発
身体が冷えないうちに移動開始。
七ツ石小屋のトイレが綺麗なので済ませるならここがオススメ。
IMG_3267
七ツ石の一つなんだろうと思われる石たち。
7つ触れば願いが叶う。

IMG_3263
石尾根尾根に合流するべく上る

IMG_3265
石尾根縦走路に到着。
奥秩父主脈縦走の時はこの道がかなりしんどかった:(;゙゚’ω゚’):
IMG_3273

IMG_3270
七ツ石神社
見えづらいけど崩壊寸前になってる。
神社の前にはお供え物があり、より痛々しい。

IMG_3274
雲取山が見えてきた。

IMG_3277
13:50 七ツ石山山頂(1757m)
開放感ある場所なので、ここで休憩するのもありだね。
冬は寒いから暖かくなってからがオススメ。

IMG_3279
防火帯の分け目がくっきり見える

IMG_3281
ブナ坂へ向けて少し下る。
足取りは軽いぞ。

IMG_3284
14:05 ブナ坂

IMG_3285
この坂を上れば開けた道を歩くビクトリーロード。
今日のゴールは奥多摩小屋。前を歩いてる人たちは雲取山荘かな?
あそこは部屋にコタツがあってトイレも水洗かつ暖房完備で快適なのよね。

IMG_3286
S字の木
雲取山の名物といっても過言ではない。
この形だからこそ、この木はここに残されたんだろうなぁと思う。
生存戦略の勝利ですな(´ω`)

IMG_3292
ヘリポート
他の方のブログを見るとヘリが下りてくるのちょこちょこ見かける。
俺はまだ見たことないんで次回に期待したい。
IMG_3293

IMG_3295
14:45 奥多摩小屋
とうちゃーく(´ω`)
15時過ぎると思ってたので設営に余裕できて良かった。

IMG_3294
トトロっぽいなにか。
テントは1人500円を払って割と好きな場所に張れる。
今日はちょっと風が強いのであちこち吟味して設営した。

IMG_3305
夕暮れの富士山。
ここのロケーションは最高ですな。

IMG_3317
水場
少し下ったところにある水場。
思ったより水量あって嬉しい。
寒いのと冷たいので手酌で飲むのは無理だった。

雪山の前哨戦第二弾として選んだ雲取山は、全く雪がなかった。
2回くらい降ってるはずなんだけど残ってすらいないとはなぁ。
お陰で軽アイゼン履かずにサクサク歩けたものの、主旨と違うので残念。

テントはなぜか全体的に縮んじゃっててフライシートを張るのに苦労した。
切れちゃいそうなくらい伸ばさないとダメになってんだよねぇ。
寒さで縮むっていうのを後から知ったけど、これ本当に元に戻るんだろうか。。。

たわしさんに頼んだ食料で宴会を目論むも、寒すぎて眠くなる。
おでんをやっつけて汁は翌日に残して( ˘ω˘ ) スヤァ…
あまりの寒さにテント内に発生した蒸気が入口付近で凍って氷になってたw
外の気温はマイナス10℃以下。テント内は0℃付近だったかなぁ。

夕暮れまではドロ道でぐじゃぐじゃになってた道があっという間に凍って硬くなる。
雪山が好きなのに寒いのが苦手なのが今後の課題になりそうだ。

ちなみに奥多摩小屋のトイレにゴミ箱が設置されてた。
前回はなかったんだけど、人が少ない時期は置かれるんだろうか。
それとも前回がたまたまなかったんだろうか。5年前はどうだったかなぁ…。
まぁないと想定してジップロックを持参しておくと良いです。

ペーパーはないので準備しませう。

到着時に3張りだったテントは寝る前には10張り程度まで増えてた。
団体さんが5張りくらい並べてましたな。

夜は月の光が強くて星もあまり見えなかったため、早々に( ˘ω˘ ) スヤァ…

 

12月27日(日)
寒い:(;゙゚’ω゚’):
6時に起床したものの、あまりの寒さに二度寝した。
その後、6時半に起きて朝飯をとり、ウダウダしてたら8時過ぎ。
いかんなぁ。

IMG_3320
08:30 奥多摩小屋出発
テントを畳んでトイレに寄ってから三峯神社に向けて出発。
たわしさんから山頂はスルーして巻き道の提案を受けて巻き道ルートへ。

IMG_3321
最初の巻き道。
ここはヨモギの頭をスルーする道なのですぐに本流に合流する。

IMG_3324
ちょっとした上り坂

IMG_3325
小雲取山付近
雲取山山頂がみえる

IMG_3326
ここからの展望が良くて好き(´ω`)
右の雲の下に見えるのは金峰山かな?うっすらと雪を被ってますな。
1月の登る予定なので雪が積もってて欲しい。

IMG_3328
09:20 雲取山荘巻き道分岐
ここを歩くのは初めてだな。

IMG_3335
日陰部分には雪が残ってる

IMG_3334
なんかの毛が落ちてた

IMG_3336
凍っててちょっと滑る部分もあるものの、軽アイゼンはなしで歩ける。

IMG_3337
09:51 雲取山荘
この時間だと登山者のいる気配はないね。
トイレを借りて出発。
宿泊者用のトイレとは違って、外にあるトイレはぼっとん式だった。
ペーパーはあるのでそれを使う。

IMG_3339
大ダワ分岐
迷わず女坂へ。

IMG_3341
10:15 大ダワ
三峰ルートはこういった地点看板がやたら多い。
IMG_3342

IMG_3343
冬季は危険なルート。
今日は凍結もそんなにしてないので危ないところはほとんどなかった。

IMG_3347
日陰部分はちょっと凍ってる程度

IMG_3348
木の階段

IMG_3353
11:10 白岩山山頂(1921m)
三峰三山のひとつに到着。
雲取山、白岩山、妙法ヶ岳の三山が三峰三山で三峯神社の信仰の山となる。
山頂部分はあまり開けてないので通過地点になりがちな山ですな。

IMG_3356
1月の時はたっぷりあった雪がない。
面白味のない下り坂を歩くことになる。

IMG_3357
11:25 白岩小屋
閉鎖されてる小屋。
トイレはイベント会場とかにありそうな簡易トイレが設置されている。

IMG_3358
小屋裏から見る景色が好き。

IMG_3361
並んでる木材がいい味だすよね(´ω`)

IMG_3365
上りが始まって

IMG_3367
前白岩山(1776m)を経て
IMG_3375

IMG_3372
前白岩の肩へ。
ここらで小腹が空いたので行動食を頂く。
身体が冷えてきてるので、この先の休憩所がやってたらコーヒー飲みたいねぇと話し合う。

IMG_3373
急坂を下る
IMG_3376

IMG_3378
12:38 お清平(1450m)
ここまで来るとゴールも見えてくる。
休憩所を目指して先を急ぐ

IMG_3381
13:00 霧藻ヶ峰休憩所(1523m)
営業してる!
コーヒーもあるようなので注文して一息つく。
ご主人と山の話をしつつ冷えた身体を温かいコーヒーで満たす。
至福の時(´ω`)

IMG_3383
両神山をバックにぱちり。

IMG_3390
冬用にニット帽子を雪歩に履かせてみた(´ω`)
クリスマス&誕生日プレゼントっつーことで。

IMG_3393
霧藻ヶ峰の看板とも記念撮影

IMG_3384
ご主人から両神山のさらに奥に見えるのが浅間山だと教えて貰う。
先週目と鼻の先に行って見えなかった浅間山を、こんな遠くで拝むとは。。

30分ほど休憩をしたところで三峯神社へ出発

IMG_3394
秩父宮ご夫妻のレリーフ

IMG_3396
お地蔵様もお正月に向けて準備かな

IMG_3397

IMG_3408
二股桧
ピンクのビニールテープが巻いてあるやつがそうなのかなぁ。
植林にみえるから違うような気もする。

IMG_3410
地蔵峠を下ればあとは緩やかな坂道を神社に向かって歩くだけ

IMG_3411
奥宮へ通じる道

IMG_3416
14:30 三峰登山口
無事下山(´ω`)
軽装な格好をした女性が奥宮までどんなもんか聞かれた。
奥宮分岐の看板に50分ってあったそうで(たわしさん談)それを伝える。
奥宮まで参拝することに感心。

見送ったあとで気づいたけど、バスできてたら時間ギリギリになるんじゃなかろうか。
日の当たらない場所は暮れたらライトも必要だよなぁと心配になった。

まぁ、大丈夫だったと思いたい。

奥多摩小屋から巻き道ルートでの三峰神社までは雪はちょっと残ってる程度でした。
凍結してる部分もあるけど、軽アイゼンを履くには至らない。
鴨沢ルートと比べてアップダウンがあって面白いコースだよね。
これでバスの便がもうちょい便利だということないんだけど。

白岩山小屋で小休止してる時に、声かけてきた男性が昨日の様子を聞いてきた。
最初は普通に答えたけど、よく考えると昨日は山にいないってことだよな。
三峰ルートをピストンなのか?と考えてたら霧藻ヶ峰休憩所でもお会いした。
話を聞いたら鴨沢を7時にスタートして10時に雲取山山頂。
そして今に至って三峰に下山するとの事。
日帰り装備とはいえ俺にはちょっとできそうにない山行で驚いた。
バスもひとつ先のに乗って帰ったんだろうな。

下山後は三峰神社にお参りして御朱印を頂く。
その後で神の湯に入り、喫茶店でコーヒーとコーヒーゼリーを食してバスにて帰る。
バスは空いてたのでまどろみつつ1時間ほど揺られて西武秩父駅へ。

2015年の登山はこれにて終了。
お疲れ様でした(‘ω’)

■三峯神社
秩父三社(秩父神社、宝登山神社、三峯神社)のひとつ。
狼を守護神として、狛犬も狼の象になってる。
秩父の山にある神社は狼が狛犬になってるパターンが多いよね。

IMG_3419
奥宮への参拝道
整備されてて歩きやすい。
地図をみると奥宮の手前部分は鎖場があるそうなので、運動靴か登山靴を推奨したい。

IMG_3420
三ツ鳥居
珍しいタイプの鳥居で他で有名なのは大神神社くらい。
大神神社にある鳥居は禁足地にあるので見ることができない。

IMG_3425
遥拝所
妙法ケ岳山頂の奥宮を遥拝できる場所。
上らなくても上ったことと見なされる場所。

IMG_3428
随神門
昔の仁王門にあたる場所。
仁王門は鴻巣の勝願寺に移されたそうな。
雪が積もると閉鎖されて歩けなくなる。

IMG_3430
手水舎
凍結のため祓い串で代用

IMG_3431
拝殿
いつみても綺羅びやかで素敵だ

aAgf6smb
御朱印

5cISF9dS
■小教院(喫茶店)
コーヒー&コーヒーゼリー

■興雲閣 三峰神の湯
入浴料:600円
貸しバスタオル100円、販売フェイスタオル200円
ナトリウム・塩化物泉でほのかにしょっぱい。

ks_BxgAw
■ゴールドラッシュ
身体が肉を欲する(´ω`)b

 

11月26日(土) 晴れ
雲取山201512の1日メ

場所予定時刻実際時刻
鴨沢09:3009:30
村営登山者駐車場10:0609:56
廃屋10:20
水場11:15
堂所12:1211:40
七ツ石小屋分岐点13:1212:30
七ツ石小屋13:3012:45
☆昼休憩
七ツ石小屋14:1013:15
七ツ石山山頂14:2813:50
ブナ坂14:4014:05
S字の木14:20
ヘリポート14:40
奥多摩小屋15:2814:45

目標タイムを山と高原地図の120%に設定

11月27日(日) 晴れ
雲取山201512の2日メ

場所予定時刻実際時刻
奥多摩小屋08:3008:30
小雲取山09:0009:18
雲取山荘巻き道分岐09:21
雲取山荘09:3609:50
大ダワ坂分岐10:05
大ダワ10:0010:15
芋ノ木ドッケ11:00
白岩山11:10
白岩小屋11:2411:25
前白岩山11:50
前白岩山の肩12:00
お清平12:3612:38
霧藻ヶ峰休憩所13:0313:00
☆小屋休憩
霧藻ヶ峰休憩所13:3313:30
地蔵峠13:4513:40
炭焼平14:2714:00
妙法ヶ岳分岐14:5114:20
三峰登山口14:5714:30

目標タイムを山と高原地図の120%に設定

Comment

    • 匿名 より:

      81歳の私ですが、20,21日と一泊であなたと同じコースを歩いてきましたところ、あなたのこの記事に接して言葉もないくらいに驚愕と同時に感動しております。
      有難うございました。どうぞこれからもお元気でご活躍されるよう心から願っております。
      調布市 道城文男

  1. vvadatsumi_mk2 より:

    ありがとうございます。
    同じ日程とコースということでお会いしてるかもしれませんね。
    半分にも満たない若輩者ですが、僕も80代でも登山ができるよう精進したいと思います。
    またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑