*

焼岳 雪山 百名山 温泉宿前泊登山

公開日: : 最終更新日:2016/01/14 岐阜県, 温泉, 登山, 神社, 都道府県, 長野県, 雪山 , ,

IMG_1000
2016年の一発目。
雪山登山で初心者でも大丈夫そうな「焼岳」に行ってきました。
上高地ルートは登ったことあるけど中の湯ルートは初めて。
事前に情報を集めての挑戦になります。

今回は単独行。

IMG_0979
1月9日(土)
12:00 JR新宿駅
スーパーあずさ15号に乗って終点までの楽々移動。

IMG_0986
14:45 松本駅
ここから中の湯温泉の送迎バスに乗って宿まで移動。
路線バスだと2,200円もするのでありがたい(´ω`)
送迎は14:45発なので、14:30に到着するスーパーあずさ15号が接続良し。

IMG_0999
16:10 中の湯温泉
本日泊まるのは焼岳の中の湯ルートのスタート地点でもある「中の湯温泉」
日本秘湯を守る会にも所属してる宿で期待が持てる。

IMG_0992
穂高連峰がはっきり!

IMG_0990
霞沢岳は山頂部分が雲に覆われてる

DSC_0109
秘湯ビールで明日への英気を養う(´ω`)

IMG_1013
明日に備えて早めに就寝( ˘ω˘ ) スヤァ…

 

1月10日(日)

IMG_3433
07:20 中の湯温泉出発
ルートは宿の後ろにあって、そこから林道に向かう

IMG_3436

IMG_3437
林道に到着
地図上だとここからさらにショートカットできるんだけど、
気付かずそのまま林道を歩いた。

IMG_3440
07:40 中の湯登山口
トレースはあるものの、今日歩いてそうな跡がない。
先頭切っちゃったか?
IMG_3447

IMG_3468
樹林帯はトレースが残っててわかりやすかった。
トレースなくてもテープがあちこちにあるので迷う事なく歩けそう。

IMG_3452
気を抜くとひざ上あたりまで埋まる
わかんとアイゼンは広場まで要らんかな~と付けていない。
IMG_3454
雪のピーク時は笹まで埋まるんだろうか

IMG_3459
ここら辺まではたまに日が指して雪がキラキラしてた
IMG_3472

IMG_3478
1900mあたりまで上ると雪にはまりやすくなって歩きにくい
途中で単独登山男子に抜かれた。

IMG_3488
10:00 広場
焼岳が目前に見えてテンション上がる(´ω`)

IMG_3495
広場より先は雪が深くなって結構な確率で埋まった。
わかんを付ければ良かったんだけど、どこまで行けるか試したくなる。
トレースがなくなってて先頭歩いてる人の跡だけが頼り。
気を抜くと腰あたりまで埋まるので注意して歩く
IMG_3499

IMG_3505
何かの動物の足跡

IMG_3506
先頭の方がたまに立ち止まっては「こっちかな~?」と相談して進む。
先頭を交代した方がいいかなと思ったものの、ペース早くて追いつけん。
最終的に最後までトレースのお世話になってもうた(‘ω’`)

IMG_3509
山頂まですぐそこって感じだけど、歩いてみるとなかなか近づかない。

IMG_3514
ダイブしたくなる(‘ω’ )

IMG_3517
何度か折り返しながら上っていく

IMG_3520
わかんなしだとしんどいねぇ。
えっちら上ってたら後からきた単独登山の男性1人、4人グループに抜かれる。
皆んなスノーシューで上ってたけど、ホントに沈まねぇんだな。

IMG_3523
雪が強くなってきた

IMG_3529
少し休憩。
風を凌げる場所がないので、あまり長くは止まれない。

IMG_3544
13:00 山頂鞍部の分岐点
写真の奥が南峰へのルートになってる。
ただし、南峰は立入禁止。

IMG_3534
北報はこちら
先に到着した方が山頂へトライしようとしたところ、
ルートが不明瞭になってて厳しいとの事。
それを聞いたグループの人らはここをゴールとして下りていった。

俺はどこまで行けるか見ておきたい旨を伝えると、
それじゃもう一度トライしましょうかね~って単独2名の方らが先に進む。

アイゼンの準備してたら履いてるうちに戻ってきた。

IMG_3539
マークは見つかったものの、マークからマークへのルート上に雪があり、
その雪も中は空洞になってるので乗る事ができない。
スコップでラッセルしていけば何とかなるかもだけど、滑落が怖い。
今日はここまでかなーと言い残して2名とも下山していった。

さすがにこの状況で俺だけ山頂を目指すのは無謀なので下山決定。
吹雪いてきてるし山頂に辿り着いたとしても何も見えそうにないしねw

IMG_3550
13:20 下山開始
スノーシュー軍団のお陰で帰りはあまりツボ足にならずにすんだ。
とはいえ、どんどん雪が降ってきてトレース自体が消えてきてるので急ぐ必要ある。
※先頭を歩いた人に下山後に聞いたら、最初の方のトレースは消えてたそうな。

尻セードで下りたいんだけど、雪がフカフカ過ぎて沈みそうなんだよね。

DSC_0161
DSC_0154
雪歩とかまくら
正確には雪洞なんだけどねw
雪だるま作ろうにもスノパウダー過ぎてまとまらず。
かまくらも然りで掘るしかなかった。
まぁ掘るのが得意な子なのでこれはこれでアリかな(^ω^)

広場まで下りたのでちょっとだけ遊ぶ。

IMG_3570
IMG_3573

IMG_3574
完全に道ができてて楽々。

IMG_3577
樹林帯は道に迷うことはなかったけど、
風が吹いた時に上から塊が落ちてきて危ないねw
一回頭に食らってしまって痛かった

IMG_3582
アイゼン履いてるから下り坂でも滑る事もなくスイスイ歩ける。

IMG_3584
15:45 焼岳登山口
ショートカットへの足あとがなくみんな林道を下りていった模様
結構斜面があるし冬は利用しないのかもね

IMG_3585
宿がみえてきた

IMG_3586
ツララすげぇ

IMG_3587
16:00 下山完了
丁度、本日の宿泊者が到着したようでロビーは混雑してた。
ザックやアイゼンが雪まみれだったので落として入館。

DSC_0167
温泉に入って冷えた身体を温めたら、熱燗でいっぱい(´ω`)

焼岳の中の湯ルートは登山口入ってすぐに急斜面があるのと、
広場から先のところが森林限界を突破してて吹雪くと辛いかな。
インナー手袋の上からグローブ履いたけど指先が冷たく固まってしまった。
ペットボトルも飲み口部分だけでなく中身の半分くらいが氷になってた。

全体としては歩きやすいルートでした。
広場の先のトレースがなくなったところを、単独で歩けたかっていうとちと疑わしいな。
先頭を歩いてくれた男性に感謝。
ちなみにその方とは風呂場で会い、食事が隣で、翌日もバスが来るまで一緒だった。
なにこのフラグ(´ω`)

今回は山頂に辿りつけなかったので、雪が残ってるうちにまた挑戦したい。

■中の湯温泉
入浴料:700円
冬季では日帰りは難しいので前泊か2泊が推奨される。

温泉宿としてのレベルは高くて、従業員の方々の対応もグッドだった。
食事もボリュームあって美味しく、さくさく出してくれるので早食いだからありがたい。
朝にでてくる朴葉みそ焼きが、これで焼きおにぎりにしたいくらい香ばしくてうまい。
朝飯が全体的にご飯に合いすぎて朝から食べ過ぎてしまう( * ´ω` * )
登山する場合は朝立ちおにぎりに変更することも可。
温泉は露天風呂が少しヌルい。外気温が寒いから仕方ないっちゃ仕方ない。
内湯は温かいのでこちらで十分身体を温めよう。

DSC_0169
内湯

DSC_0170
露天

DSC_0168
貸切り家族風呂

DSC_0173
朝食

DSC_0174
朴葉みそ焼き

IMG_1025
■穂高神社
去年の夏にも参拝した神社。
奥宮が日本アルプスの総鎮守であり、主祭神のひとつが「ワタツミ神」。
ハンドルネームに「わだつみ」の名を借りて、登山してる俺にはうってつけの神社。
今年一年の登山が楽しく無事であることを祈る。

DSC_0183
DSC_0184
御朱印
今回のは可愛らしい文字だ。前回のはコチラ
DSC_0185
■麺元 田舎家
穂高駅の近く、穂高神社の向かい側にあるそば屋。
古民家を利用してる店で雰囲気からしてグッド。
蕎麦はコシがあり透明な味でうまい。いくらでも食えそう。
観光地なのに店員さんらの対応も良くて一人でも居心地良かった。

IMG_0981
■駅弁@あきたこまち釜めし
釜飯っぽくはない。
真ん中にあるハタハタの甘露煮がうまし。

DSC_0186
■駅弁@山賊焼き弁当
唐揚げが思いの外さくさくしててうまい。
鳥を揚げる→取り上げる→山賊。
ダジャレかよ(‘ω’`)
2016年1月10日(日) 雪

焼岳雪山

場所予定時刻実際時刻
中の湯温泉07:2007:20
登山口07:4207:40
広場09:4210:00
山頂分岐点12:1213:00
広場13:5714:45
登山口15:1215:45
中の湯温泉15:2716:00

※雪山につき夏山コースタイムの1.5倍で設定

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • わだつみです。
    アイドルマスターの雪歩Pです。
    登山と御朱印関係のブログとなります。

    Twitter: @vvadatsumi_mk2

    ミリオンライブ: 1300000000000000048
    シンデレラガールズ: 61075637
PAGE TOP ↑